Print Icon
 
https://stratus.campaign-image.jp/images/5590000000021759_zc_v1_1693470440958_原田鉄工_鉄でつなぐ未来.png

■─────────────────────────────────|

「原鉄メールマガジン」|Vol.3 発行責任者:垰

  公式ホームページ:https://harada-tekkou.co.jp/

■─────────────────────────────────

原田鉄工㈱


いつもお世話になっております。
原田鉄工株式会社 垰です。

先月より始めました原鉄メールマガジン
今回も月に1度「原田鉄工について」や「お役立ち情報」、「豆知識」など
皆さまにお届けする為、Vol.3を配信させていただきます。

また過去配信した原鉄メールマガジンはこちらから読み返せます。

お時間がありましたら、最後までご一読いただけると幸いです。
配信停止希望の場合はお手数ですが、こちらをクリックしてください。

前回は素地調整の重要性について紹介させていただきました。
素地調整は表面の異物を除去する事で塗装に適した表面に変える作業です。

素地調整の作業方法で最も優れているとされているのが「ブラスト」です!
今回はそのブラストが他の作業方法と比較してどのくらい効果があるのか?
について説明します。

ブラストと電動工具の比較

素地調整の作業方法で「1種ケレン」とか「2種ケレン」って聞いたことありますか?

実は公式な規格ではなく、一般呼称なので厳密な定義が要求先などによって異なる場合があるのですが多くは以下ような認識となります。

1種ケレン=ブラスト処理

・鋼材の表面に付着した錆や塗膜を完全に除去する。

2種ケレン=パワーツール(電動工具)処理

・鋼材の表面に付着した剥離可能な錆や塗膜を除去する。


1種ケレンのブラスト処理は表面に付着した錆や塗膜と言った付着物を完全に取り除き

清浄化された鋼材の素地を露出させる事が可能です。

2種ケレンのパワーツール処理では工具の入らない狭い場所はもちろんですが、平滑面でさえ全ての付着物を取り除く事はできないので密着の悪い付着物だけ除去します。


上に掲載した比較写真は塗装が劣化し錆が発生した製品を塗り替える際、

「1種ケレン」と「2種ケレン」を行い表面を拡大したものです。

ほんとに同じ材料か?と思われる位違いがあると思います。


1種ケレンの場合

表面に付着した異物を95%以上除去し、清浄化された表面へ再度塗装を行うので

新品の製品と同様に仕上げる事が可能です。

また意外とブラストで素地調整されている製品は少ないので、

新品の製品より更に長持ちできるようになったりもします。


2種ケレンの場合

「密着の悪い付着物」や「剥離可能な異物」などと言った基準ですので、

施工業者によって加工精度が大きく異なり本来は除去すべき付着物の上に

塗装を行ってしまい早期剥離などの不良が発生する場合があります。

また表面に付着物が残った状態で塗装を行いますので、仕上がりが凸凹で見た目が悪くなる場合が多いです。

この表は塗膜(完全硬化した塗装の膜)寿命への影響を要素別にまとめたものです。

塗料の種類が4.9%、1回塗りと2回塗りで19.1%に対して

1種ケレンと2種ケレンの違いは49.5%と圧倒的に多くの影響を与える事になります。


塗装を長持ちさせるためには

「高価な塗料を使う」「塗装回数を増やす」と言ったことよりも、

「ブラストで素地調整を行う」事が最も効果が高く重要になります!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

経年劣化により塗装が剥がれたり、

錆が発生しボロボロになった治具を

ブラストと再塗装でピッカピカにしていきます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「そもそも素地調整って何?」「どんな作業?」って方は

素地調整と下地処理について】で説明しています!

ご相談、御見積りなどお気軽にお問い合わせください。 担当:垰

ブラスト・塗装だけでなく製缶加工も承っております。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

   

今月のたお

───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・ ───・───・

10月に入った途端朝晩が急激に冷え込むようになりました。

外出する時には暑かったり、寒かったりで着る服を選ぶのが大変ですよね。

寒暖差が大きく体調を崩される方が多いそうなので、皆様お気を付けください。


2歳の息子も10月に入ってから3日程度熱を出して寝込む事が3回もありました。

寝相が悪く、暑がりなので夜中何度布団をかけても跳ねのけているからだと思いますが。

酷い時は頑張って服を脱いでいる途中の姿で朝寝ているのを発見します笑


週末調子を崩している事が多く、あまりお出かけができませんでしたが年パスを持っている安佐動物園へ隙を見て行ってきました。

いつもちょっと歩いたら「抱っこ」と言って座り込んで動かなくなるので

手押しができる三輪車に乗せて回っていたのですが、今回は天気も良かったので三輪車無しで初チャレンジしました。

 すると意外にも園内をほぼ自分の足で移動してくれて、大きくなったなぁとしみじみしました。

抱っこしない代わりにあちこち走り回るので追いかけるこっちはいつもの倍疲れました。

子どもの足で歩き回った分いつもより時間がかかり、最後の公園についた頃には閉園のお知らせが!

もっと公園で遊びたくて「いやだー」と泣く息子を抱えて急いで帰りました。

広いので何度行っても不完全燃焼で終わってしまいます笑


現在キリンゾーンを改修している安佐動物園ですが古いキリンの家を解体した後、

新しくコビトカバなどをお迎えする予定だそうです。

コビトカバは世界三大珍獣らしく2027年度に一般公開されるらしいので、是非見てみたいと思います。

───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・───・ ───・───・

設計から塗装まで なんでもお任せ下さい。

発行:原田鉄工株式会社

〒733-0036

広島県広島市西区観音新町3丁目10-11

TEL:082-232-2445

MAIL:bousei@harada-tekkou.co.jp

担当:垰

携帯:090-3742-9768

◆本メール内容の無断複製・転載はご遠慮ください。

◆本メールは送信専用アドレスより配信しており、ご返信いただいてもお答えできません。

 お問合せボタン(原田鉄工コンタクトページ) 又は 垰までメールよりお願いいたします。

◆配信先の登録変更はこちら

◆メールの配信停止をご希望の方はこちら